印刷

社長ブログ

景気回復より大切なこと

相変わらず、寒い日が続いています。 まだまだこの寒波は緩みそうにないですね。

最近新聞やテレビなどマスコミには 「景気回復」「景気は上向き」と言う言葉をよく見たり聞いたりします。 不況と言われ続けて、前代未聞のデフレを経験し 非常に厳しい時代が続いた中で、全体として景気がよくなることは 本当にいいことだと思います。 でも、

田舎で仕事をしていると景気の良さを感じることは 全くなく、さらに景気が減少していくような感じさえします。 いろいろとまだまだ厳しい環境が続きそうです。

でも、私たちの会社は景気を語る以前の問題がたくさんあります。

大企業で、その業界のかなりのパーセントをやっているところであれば 業界全体の景気が悪くなる分、まともに業績が悪くなると思いますが 当社は業界のシェアの1%ばおろか、ほんの少ししかやっていません。

まわりの環境からの影響よりも自社として努力をすれば まだまだやれることもたくさんありますし、 いろいろなサービスを提供することもできます。

景気の善し悪しの前に、自分たちのやれることを精一杯やる。

これが今年の当社の大きなテーマの一つです。

今日帰りの道の外気温はマイナス4度。本当に寒いです。 北海道に住んだことのある当社スタッフの山内君曰く 「冬の北海道だとマイナス14度とかに平気でなるんですよ」 と言っていました。 マイナス14度の人から見ればマイナス4度は 大したことないと思います。 他の業界で、業界全体が立ち行かなくなっているところもある中で 私たちの仕事はまだまだ活路がたくさんある恵まれた仕事です。

がんばれる機会がたくさんあることは 本当にありがたいことです。