• HOME
  • 印刷
  • 差別化のためにライバル会社を調査しない!

印刷

社長ブログ

差別化のためにライバル会社を調査しない!

Share on Google+Share on LinkedInPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

多くのコンサルタントが「勝つためにはライバル会社と差別化を」と言われます。私自身は本当の差別化はライバル会社とは違いを並べる単なる差別化ではなく、オリジナリティを発揮する「独自化」だと考えます。
そのため、私はライバル会社のことをあまり調査しません。ライバル会社のことを知れば知るほど、独自性が見えなくなりますし、自分自身の「できてなさ」を感じて落ち込んでしまうからです 笑見るのであれば、同業者よりも全く違う業種を見るようにしています。「この発想を自社に置き換えると?」「このやり方を自社に取り込むためには」みたいな見方で見ていると、思ってもみないような発想が生まれてきます。
ライバル会社の調査が不要だ、と言っている訳ではなく、私個人がしないと言うことです。ライバル会社を徹底的に調査することは大切です。新しい発想を得るためには「既存のやり方」というデータベースが合ってこそです。その上でホンの少しのスパイスになるアイディアを加えるだけです。
今後もライバル会社を見るのではなく、お客様をしっかり見据えて商品開発や企画をしていきます。