印刷

社長ブログ

常識に囚われない考え方

Share on Google+Share on LinkedInPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

常識に囚われないという考え方がとても大切だと思います。
弊社のおみやげや新しい商品を企画する際には、あまり他社の商品を研究したり調査したりはしません。自分たちがいいと思うやり方や考え方で企画して商品化していきます。本当はそういう研究というのは重要なのかもしれませんが、そうすることにより、どうしても「常識に囚われる」ということが起きます。常識に囚われた商品は、どこにでもあるつまらない商品になってしまいます。
「見る」てしまうとどうしても思考が引っ張られてしまいます。だからこそ見ないようにしています。
それ以外のことでも、あまり他のモノを参考にはしません。そうすることで、効率が悪いことも多いですし、うまくいかなかったり失敗することもありますが、それでも常識に囚われないことを大切にしています。
「差別化が大切」という言葉がずいぶん前から言われていますが、差別化のためにこそ常識を疑ったり、ある意味「常識はずれ」な考え方が大切になります。
たまに「ちょっと変わっている」と言われますが、それが最高の「褒め言葉」です!笑