印刷

社長ブログ

助成金の申請書を提出

先日、一生懸命作った助成金の申請書を 提出してきました。

 

とにかく大変だった申請書づくりも ようやく終わり、自分なりには よくできた計画書になりました。

計画書を作る上で役に立ったのが 青年会議所時代の資料づくりです。

月に1回理事会や役員会があり 若い頃から卒業するまで何度も何度も 資料づくりをしました。

入会当初は何のことかさっぱりわからずに 先輩に叱られるがままに資料を作っていましたが 自分が役員になり会議へ出席すると 厳しい意見をたくさん頂きました。

資料の誤字脱字はもちろん、 内容がわからない、思いが伝わってこない 事業の本当の目的は? 何のためにこの事業をやるのか? 予算や支出は妥当か? などなど。

ある意味時間の無駄かと思うこともありましたが 「将来必ず役に立つから」と先輩から教わり やってきましたが、今回は本当に役に立ちました。 (現役のJCメンバーの方は要チェックです。)
今回の申請書は出したら終わりではなく 事前に書類を見て頂いたあとに、 プレゼンで事業概要を説明します。

組織や人を動かすためには、 わかりやすく、なおかつ熱意のこもった資料が 必要不可欠です。

青年会議所でいい勉強をさせてもらいました。