印刷

社長ブログ

デザインすると言うこと

私たちはグラフィックデザインの仕事をしています。
デザインすると言葉の意味はさまざまあるようなので、一概には言えないですが、グラフィックデザインで言えば、紙面をどのように美しくまとめるか?ということだと思います。美しいの中には、整然整えられている、そしてしっかりと意図を持ってレイアウトされているということも含まれていると思います。
ただ何となく写真や文字を配置するのではなく、人の目線の動きを考えてレイアウトしたり、読みやすさや見やすさを考えてレイアウトしたりします。またそういった実用的なところだけではなく、細かいデザイン的な「あしらい」を加えて、デザインの方向性をまとめたり、逆にできるだけシンプルな作りにして、人の目を惹きつけたりします。
そして、デザイナーが明確な意思と意図を持って作り上げます。
最近私は、デザインすると言うことは、単に紙面上のことだけでなく、会社内の空間や仕事のやり方、人生そのものもデザインする必要性を感じています。デザインされた空間で、デザインされた仕事をする。そして休暇も含めてデザインされた時間を過ごす。デザインという言葉を使うとなんか堅苦しい感じがしますが、デザインには自由さもあります。
単なる思いつき、その場限り、何となく生きるのではなく、自分で自分の人生をデザインしながら生きていきたいと思います。