印刷

社長ブログ

生きるということ

2日続けて重いテーマで申し訳ありません!笑
「生きる」とか「生きていること」とかを考えるときに「死」や「亡くなった方」から見て「生(せい)」を見ると新たな発見があるような気がします。
たぶん亡くなった方からしたらやはり「生きていること」はとても素晴らし感じていると思います。食べたり飲んだりわらったりだけでなく、辛いことや大変なことさえも「生きているからこそ」と思えそうな気がします。
生と死は不可逆反応です。一旦死の世界に入ってしまうと、もう生の世界に戻るのはほぼ無理なことになります。
生の世界にいられる時間は絶対的に限られています。そう考えるとホンの一瞬だけでも大切に生きようと思います。
生きているからこそできることを徹底的にやります。