印刷

社長ブログ

採用に関するNGワード

先日弊社では「新卒採用にための企業向けセミナー」を開催しました。とても面白い内容でできました。
その中の一つとして、弊社に入社した新入社員と話をして出てきたのが「企業側が採用したい人 あるある」です。

○元気な人
○明るい人
○協調性のある人
○コミュニケーション能力の高い人
○リーダーシップがある人

これを全面に出して採用を進めている企業が、多いこと、多いこと!笑
これってなんなのでしょうね。私はこれって採用に必要なことなのかな?一緒に仕事をする上で本当に必要なことなのかな?と疑問に思ってしまいます。
例えば、ウチのスタッフの中にも、取り立てて元気な挨拶をしない人や、そんなに明るいというワケではない人も仕事をしています。でも、仕事はきっちりとやってくれます。
コミュニケーション能力というのもわかったようなわからない言葉ですが、コミュニケーションがうまく取れないと、確かに仕事に支障をきたしますが、これにしても仕事内容によってはそれほど重要だとは思いません。
それに加えて社員教育をしっかりすることで、ある程度のところまでは自分が目指す方向性に近い人物に育ってくれます。仮にこれを排除することで、それ以外に秀でた才能があったとしても見向きもしないということになり、結果的にいい採用にはつながらないと思います。
私はこうした採用に対する言葉ははっきりと「NGワード」だと思っています。今年もマイナビの合同説明会でいい方にたくさん出会いたいと思っています。