印刷

社長ブログ

先輩二人の人生

先日ある団体の総会に出席して、その後の懇親会にも参加しました。その際の話です。
ある先輩とお話ししていたらその方が「自分自身振り返ってると大したことができなかった。もっとやればよかった」ととの話をされました。
その少し後に別の先輩と話をしていたら「3つの新規事業を立ち上げたが、残念なことに3つとも失敗して会社を清算してしまった。唯一自分が受け継いだ会社だけが残った」とのことでした。
似ているようでまったく別の話だと思って聞きました。
2人目の先輩には「うまくいったかどうかではなく、挑戦したこと自体が素晴らしいです。何もやらずに評論家みたいなことを言って、自分自身は何も挑戦しない人もいますが、その人が何を言ったとしても非難される筋合いはないですから」と話しました。
挑戦し行動すること、まさにこのことほど尊いことはないと思っています。
片やもう一人の先輩に関しては、私から見たら立派にがんばっていらっしゃったと思うのですが、自分自身が納得できていないようで、そういう意味ではもったいない人生だと思います。
私自身は「やらないで後悔するよりも、やって後悔後悔すべき」と常々思っています。人生を充実させるためには、失敗を恐れずに挑戦や行動をすることがとても大切だと思います。
これからも新たな挑戦をドンドンとやっていきます!