印刷

社長ブログ

企画書がダメ出し!

昨日、今使っている 営業概要書を時山先生に見て頂いたところ 「こんなのじゃダメだ!」 と思いっきりダメ出しをもらいました。

 

昨日は5日間コースで参加した勉強会の 講師である時山先生との個人面談でした。

まずは企画書(概要書)を出したのですが 読まれるなり、すぐに 「なんのことかわからん」と言われたので 具体的に今やっている事業の内容や 資料をお見せしながら話しをしました。

「ここの会社は、こんなツールを使って こんな成果を出すことができました。」 「ここの会社はこんな営業支援をしました。」 と話しをしたところ、 「なるほど、そういう事業内容ならいいが この企画書では内容が全くわからんぞ」 と言われました。

「もう少し整理してみよう」 といろいろとアドバイスを頂きながら 話を伺いました。

「これだとどんなことをしてもらえるかイメージが湧かない、 もっとイメージが湧くような企画書にしないとダメだ」 と言われました。

「他の文章を読んでいてもそうだけど キミの文章は、何が言いたいのかよくわからん。 必要ないことが書いてあったり、 必要なことが書いてなかったり もう少し細部にまでこだわった物を作りなさい。 やり直し!」
厳しい言葉ですが、ありがたい言葉です。

自分では気付かないことですし ましてやお客様が教えて下さることではありません。 わかりやすくて伝わりやすい資料に作り替えようと思います。
ところで、私の書いているブログも読んでいてわかりにくいですか?