印刷

社長ブログ

仲間と一緒に

先日テレビで「アドベンチャーレース」を見ました。500kmものコースをほとんど寝ないでゴールを目指します。ラン、スイム、カヤック、トレッキング、バイクといろいろな乗り物を乗りながら4人でゴールを目指します。過酷なレースがですが、見ていて感じたのはやはり「仲間の存在」です。苦しいときも楽しいときも常に声を掛け合って進んでいきます。このチームでの戦いが本当にステキでした。

私はKIプロジェクトというボランティア団体の代表も務めていますが、ここでもチームの力の偉大さを感じます。私はほとんどのボランティア活動は仲間と一緒に行います。その理由は仲間と一緒だから極限までがんばれる、ということを何度も経験しているからです。苦しいときこそ、仲間の呼びかけで奮起できます。逆に苦しんでいる仲間を見て声を掛けたりします。そして、元気な仲間には鼓舞するような言葉をかけます。
よく仲間では、「この現場が自分のウチでもなかなか一人では作業できないよね」と話します。仲間の存在を本当にありがたく感じます。

私はコムズの代表も務めていますが、新入社員も本当にがんばってくれています。「チームが良くなるように」という想いがひしひしと伝わってきます。こうした仲間と一緒に仕事ができることに感謝ですし、コムズに集まってくれたことにも感謝しています。
仲間を本当に大切にします。