印刷

社長ブログ

とっても嬉しい話

今当社で営業支援のお手伝いをさせて頂いている N社様より嬉しい電話を頂きました。

 

N社の社長とは、ある異業種交流会で 名刺交換をさせて頂いたことで知り合いました。

お会いして数日後に仕事の相談を頂き チラシや名刺を作らせて頂きました。
話しの流れで、 「営業のアウトソーシングがしたいがやってもらえないか」 と言う相談を頂き、 「大したことはできませんが当社でできる範囲でお手伝いさせて頂きます。」 と話して、今いろいろとお手伝いをしています。
最初から金額の高い物を提案するのはどうかと思い、 比較的安い簡単な提案をお持ちしたら 「こんなので効果あるのか?」 と聞かれたので、 「やるんだったらこんな方法の方が効果があると思います。」 と今自社の営業でやっている内容をご説明しました。 「ん~金はかかりそうだが、その方が効果がありそうだ。 それでいこう。」と言われました。
自社でそれなりに効果のあるやり方なので、 大ハズレはしないと思いますが、 効果が出るの多少時間がかかるのと、 費用もそれなりにかかるので、少なからず心配でした。 でも社長が今回のこの営業アウトソーシングを 「費用」とか「経費」という捉え方ではなく、 「投資」とか「新しい資産形成」という考え方で 捉えて頂いたので、私も安心して取組始めることができました。
第1回目の案内を送ったところ、お客様より 「当然だけど、何も反応がなかったよ」と電話を頂きました。

私も、すぐには反応がないと思っていましたので 「そうですか」とだけお答えしました。 早く結果が出るといいけど、結果が出るのは早くて3ヵ月先ぐらいかな? と思っていたところ、先日 「お問い合せの電話をもらったよ。成約できるかどうかはわからないけどね。」 という電話をお客様より頂きました。 「そうですか!」 私はとても嬉しい気持ちになりました。
私にとって、営業支援をして一番の「おおごっつぉう(ごちそう)」 お客様の営業に繋がることです。 いい取引に繋がると嬉しいな! 今からとっても楽しみです。