印刷

社長ブログ

初めてのMRI

最近さぼり気味でした。ごめんなさい。 今日は人間ドックの結果を踏まえて病院へ行ってきました。

先日行った人間ドック。 血液やいろいろな数値は驚くほど改善され 新品同様にピカピカになりました!

が、残念なことに、一つの検査だけ引っかかり要再検査。

ここ数年同じところが引っかかっていたのですが 今年も同じところがダメでした。 そこで病院へ再検査に行きました。 先生に呼ばれ診察室に入りました。

「前回はCT撮って異常がなかったから今度はMRIやってみようか」 と言われ、「はい。ところでこの病気ってどんなのですか?」 「まったく心配いらない。基本的に病気ではないよ。 ただ、もしかして何かあるといけないから再検査するだけだ。」

と言われました。事前にインターネットで調べた通りの回答だったので ホッとしました。 飛び入りで検査をして頂けるとのことになり、時間をおいてから検査室へ。 入り口には大きく「金属持ち込み禁止」と書かれていました。 磁気を使うので、金属はダメだと言うことです。 スタッフの女性の方に「ロッカーへ金属類のものはすべて入れてきてください。」 と言われて、携帯電話、時計やベルトなどすべて外して 検査台の上に乗りました。 「それでは検査を始めます。」 と言われて例のドーナツの中に入っていきました。 すると突然、カナキリ音とかブザーとかみたいな 「ギィー」「キィイ」「ビ~」と言った音が鳴り響きました。 事前に何も聞いていなかったので、 (もしかしてポケットに携帯まだ入っていて、それの警告音かな?) と思うような音です。何か不安をかき立てられるような音でした。 ようやく、これがMRIが検査の時に出す音なんだとわかり 少しずつ落ち着きを取り戻すことができました。 環境適応能力が高い私はすぐに緊張感がなくなり それと同時に、強烈な睡魔が襲ってきました。 日頃の睡眠不足のため、横になると自動的に眠る仕組みになっています。 「はい、鎌倉さん。息を大きく吸って25秒ぐらい止めていてくださいね。」 と繰り返し言われるのですが、 最初の10秒ぐらいは我慢できるのですが、知らないうちに意識が遠のき 何度も軽く息を吐いてしまいました。 検査の最初に「動かないでくださいね。」と言われていたのに。 ちゃんと検査できたのかどうか心配です。 もうしばらく横になっていたいなと思う時分に 「はい、お疲れ様でした。」と検査は終了しました。 検査の結果が楽しみです。 今度MRI検査がある時は、徹夜して睡眠不足でいこうと思いました。