印刷

社長ブログ

差別化のためにライバル会社を調査しない!

多くのコンサルタントが「勝つためにはライバル会社と差別化を」と言われます。私自身は本当の差別化はライバル会社とは違いを並べる単なる差別化ではなく、オリジナリティを発揮する「独自化」だと考えます。 そのため、私はライバル会社のことをあまり調査しません。ライバル会社のことを知れば知るほど、独自性が見えなくなりますし、自分自身の「できてなさ」を感じて落ち込んでしまうからです 笑見るのであれば、同業者よりも全く違う業種を見るようにしています。「この発想を自社に置き換えると... 続きを見る

社長ブログ

新しいチャレンジ

会社としてまた新しい仕事にチャレンジをすることに決めました。 正直に言って、この仕事をやったからといってすぐに売上や利益につながるとは思っていません。でも挑戦します。 それは、将来的には大きな事業に発展する可能性を感じるからです。うまくいかないかもしれません。でも、うまくいくまでやり続ければ必ずうまくいきます。そう信じてチャレンジします。 また、チャレンジするチャンスを与えて頂いたからです。これをチャンスと捉えるか、別の捉え方と見るかはそれぞれですが、私にはチ... 続きを見る

社長ブログ

交渉決裂!

しばらく懸案事項になっていた件について、ようやく相手の方に打ち合わせの時間を取ってもらい打ち合わせをしてきました。結果は、交渉決裂というには大げさですが、進展なしというか前進しないことが決まりました。 今回の件が進まないとこれからの事業に差し障りがあるのですが、何とか代替案もあるのでそちらにすぐに切り替えます。 今回の件は切り替えができることなので、まだ影響は大きくないですが、人生を生きていく上であったり、ビジネスを展開する上では、こうした予測もつかない事態が発... 続きを見る

社長ブログ

苦境を脱却するために Vol.2

先日「苦境を脱却するためには」というタイトルでブログを書きました。大きな市場でも今までトップだった企業が新興勢力によって市場をかき回されて混乱し、苦境に立たされてるという内容です。 業界に大きな市場変化をもたらした新興勢力の企業にとっては、今の状況はこの上ないブルーオーシャンに見えていることでしょう。既存の企業では「頭打ち」に見える市場でも、新規参入する企業からは「スキだらけの市場」「開拓の余地がある市場」に見えるのだと思います。また売上がないところからのスタート... 続きを見る

社長ブログ

そろばんからPCの時代に

そろばんからPCの時代に。 こんなことは当たり前すぎと言うか、私が社会人になった頃はまだ極一部の方がそろばんを使っていましたがもうビジネスのシーンでそろばんを見ることはなくなりました。PCはビジネスツールとして日常的に使っています。数字を少し入れ替えるだけで、あっという間に何十種類のシュミレーションの答えが出てきます。その中でさまざまな予想をしてビジネスの意志決定を行うことは一般的なことです。先日の展示会ではSNSのつぶやきを解析して、今のトレンドを割り出しそれを... 続きを見る

社長ブログ

行動すれば前に進む

先日のメッセナゴヤでは、お客様になりそうな方もたくさんブースに立ち寄って頂きましたが、同業者である印刷業の方もブースを見たり資料を持ち帰られたりしました。熱心に資料を見ていらっしゃるので説明しようとすると、「同業者ですから」と丁寧に断れる方もいました。 数人の同業者とお話ししましたが、一様に「印刷業が厳しいので、何か新しいことは何かと思って」と言われます。そして、弊社のブースを見たり資料を見たりして帰って行きます。 弊社も非常に厳しい環境の中で経営をしています。... 続きを見る

社長ブログ

零細企業へ就職するという選択肢

先日ある学生向けイベントに呼ばれて、学生さん達と一緒にグループセッションを行いました。グループには就活を控えた2、3年生の学生数名とある上場企業の採用担当者、そして私がそこに入りました。テーマは今後の就活や仕事、社会人に関してのことでした。 自己紹介が一巡して、学生さん達からさまざまな質問があります。「どうしてこの会社に就職しようと思ったのですか?」「辞めようと思ったことはありますか?」「社会人になる前に学んでおいた方がいいことは何ですか?」などなどいろいろな質問... 続きを見る

社長ブログ

苦境から脱却するために

今日ネットニュースで大手企業が売り上げ不振で喘いでいる、と言う内容の記事を読みました。業界最大手の企業なのですが、ここ数年かなり市場環境が急変し、今まで売れていた商品が売れなくなったのと同時に、安い商品を他社が販売し始めて、売上が減少し始めているとのことでした。コストがかかる広告宣伝費の圧縮も、他社や新興勢力に攻め入られる可能性があるという理由で止められないため、経費削減も難しそうです。売上は下がるし、経費は下げられない。当然利益が圧縮されて新しい手も打ちづらい。加... 続きを見る

社長ブログ

幸せに生きるために

ネットのニュースで「若者の貧困」という記事と、「地方の人は残業をしない」という記事を読みました。若者の貧困については、慌てて就職することによりブラック企業への就職が貧困へつながる、と言うことが書いてありました。地方の人は残業しないという記事では、「貨幣経済以外の経済」の存在を説明していて、物々交換や自給自足があることで、東京の平均年収よりも少なくて生活できると言うことが書いてありました。この二つの記事を読む限り、若者が地方へ移り住むことで、もっと幸せに生きられる人が... 続きを見る

社長ブログ

幸せになるために仕事をする

ネットのニュースである会社の新入社員が自死(自殺)して、労災認定されたことが載っていました。心からお悔やみ申し上げると共に、仕事を通じて自死される方がいるのは、本当に残念に思います。何のために仕事をするのかと問われたら、私は「幸せになるために」と答えます。仕事による金銭の報酬もありますが、誉められたり承認されたりという「心の報酬」であったり、仕事を通しての成長であったりと、仕事を通して幸福感をたくさん感じることできます。もちろん、イヤなことや辛いこともありますが、そ... 続きを見る