印刷

社長ブログ

叱る

久しぶりに激怒しました 笑
理由はスタッフがお取引先の方に送ったメールの内容でした。
叱りながらいろいろなことを私自身考えました。
まずは何に対して怒っているのか、です。私の怒りの源は、私が大切にしているお取引様である協力パートナーに対する無礼でした。私自身は常々仕入れ先、取引先、協力工場や協力パートナーなど、コムズに関わるすべての人を大切にするように話をしてきていたのに、それをしていなかったからです。
私は企業理念にあるように「社員の幸せ、お客様の幸せ、取引先の幸せ、地域の幸せの実現」をめざして会社経営や会社運営を行っています。お客様はもちろん大切ですが、同様に社員や協力関係にある取引先や地域を大切にしないで、会社は成り立たないと考えています。その理念を踏みにじるような行為をしたので、自分は怒っているのだと怒りながら考えていました。
そして、叱ることに対しての行為に関してです。以前は感情に任せて怒ることはあっても、私は叱ることがなかなかできませんでした。「叱る」と「怒る」の違いがよくわかっていなかったからです。最近は何となくわかってきました。「怒る」は自分の感情が最優先で、「叱る」は相手のことが優先だと考えています。
相手にもっと良くなってもらいたい、成長してもらいたいという想いを込めて伝えることが「叱る」なのかな、と今は考えています。だから叱りながらも割と冷静でいられます。
ある意味、これは自分の考えを押しつけることなのでは、と悩んだこともありました。でも、今ではこの理念に照らし合わせて正しいと思うことはしっかりと伝える必要があると思っています。単なるミスとは違います。
そんなことを考えながら夜になってから、自分の心と向き合っています。そして、自分の心に曇りがなかったかを確認します。
もしかしたらそれが伝わっていないのかもしれませんが、伝わるまで伝えることが私の仕事かな、と思っています。