印刷

社長ブログ

損して得取れ

商売の基本はやっぱり 損して得取れ ですね。

 

卵が先か、鶏が先か? 損をしてしてでも仕事を増やすか 損をするのがわかっている仕事に 手を出さないか? という判断に迷うことがあります。

でも、商売の基本が「損して得取れ」と言われているので 最近はできるだけ、この基本に忠実であるようにと 心がけています。
新規開拓の営業は、まさにこの考え方です。

注文を頂けるかどうかもわからない方に 新規の営業をしても、最初は時間とお金ばかりかかって 営業する側から見ると「損」しか見えません。

でも、この最初の「損」(本当は損ではないのですが)がないと 本当の「得」もやってきません。
何でもかんでも、損すること訳ではありませんが、 商売の基本、原理原則であると言うことを考えて 判断するときには、できるだけ「損して得取れ」という 考え方をしようと思っています。
私は「損」はいやですし、「得」に弱いので なかなか思うようにいきませんけどね(笑)