印刷

社長ブログ

ミスの根絶

最近の報道でも大手の老舗企業の不祥事が いくつも報道されています。

 

規模も業種も違いますが、私も同じ製造業の経営者として 本当に襟を正さなければいけないな思います。

ミスを起こすつもりで仕事している人はいないと思いますが ちょっとした気の緩みだったり、確認漏れがミスにつながります。 それが慢性的になり、気が緩んでいることにさえ誰も気付かずに 仕事が進んだ結果、気が付いたときには取り返しが つかない事態になり、ひいては顧客が離れていく事態に 進展していく。

昔の業界の人は品質のことを軽く考えて 「印刷物では命はなくならないから」と 言っていましたが、今やそんなことでは 仕事として通用しません。

間違いがない品質があってこそ、取引が成り立ちます。

当社もミスの根絶に向けた仕組み作りを更に進めて 皆さんに喜んで頂ける企業になるよう成長し続けます。