印刷

社長ブログ

付加価値を産む投資

今日はまた一段と寒いですね。 ケーブルテレビの天気予報で午後から雪となっていましたが 本当に雪が降って来ました。 今は夜の10時ですが、すでに道路が凍結してているようです。

飛騨地方の方はもちろん、冬の運転は皆さん、注意して下さいね。

今日の新聞記事にバローの田代社長の講演の事が書いてありました。

 

それを読むと恵那市職員研修会で講演されたようです

。 その記事の中で一番私が感銘したのが 「給与を単なる人件費と考えるか、 付加価値を産み出すための投資と捉えるかが重要」 (岐阜新聞より引用) とありました。

当社は今、人材育成に一生懸命取り組んでいます。

社外から講師を招いての勉強会も定期的に開催しています。

前のブログにも書きましたが、私としては今いる社員の資質を 向上させることにより、人材が持つ知恵や知識といった 会社の含み資産を増やしていきたいと考えています。

勉強会の講師の先生への謝礼ももちろんですし 業務時間中に仕事の手を止めて勉強会に参加しているので そういった人件費も含めると、結構な投資額になります。

それでも、私は今必要な投資であると考え、社員と一緒になって 学んでいるのですが バローの田代社長はそれ以上に、社員へ支払う給与さえも 付加価値を産み出す投資と捕らえていることに驚きました。

もちろん、仕事をしてもらった対価としての給与を支払うことは 当たり前のことですが、付加価値を産み出すのは人でしか出来ないという もっと企業活動の本質として人を捉えるということは 重要だということを教えて頂いた記事でした。

やはり企業業績を伸ばしていらっしゃる社長は 奥深い考えで行動していると学びました。