印刷

社長ブログ

経済優先 その2

先日あるお客様からお中元に関する印刷物の話を頂きました。

そのお中元のチラシは初めてその方が担当されるとのことで 弊社としてもできるだけいい結果につながるように 企画するつもりです。

 

昨年の状況を伺うと、

「いろいろな店舗でそれなりに売れましたので、 今年は何とか去年の数字を上回りたいです。 でも、結果的には担当している部署の人間が 買ったりしているんですけれどね。」 と話されました。

こういう話はいろいろなところでよく聞く話です。

が、これって本当に必要なことなのでしょうか? もちろん、担当の方や社員の方が必要に思い買っているのなら別ですが 数字を上げるために、無理して買って、 さらに昨対を上回るために、無理を重ねる。 次の年に何かが解決したり好転したりするのではなく、 無理の上に無理が重なり、結果的に無理が利かなくなって 業績を落としたり、うつなどの精神的に病む人が 増えたりするのでは?と思います。
こんな無理を重ねることが、今本当に必要なのでしょうか? 経済状態が悪い今だからこそ、悪いものをすべて出し切り 今の実態にふさわしい状態にすることで いい形での経済発展や経済成長があるのでは?と思います。

理想論なのかもしれませんが、こんな時だからこそ 悪習を変えるチャンスだと思います。