印刷

社長ブログ

生きるということ

いつも「生きる」ってどういうことかを考えています。
一番は亡くなる方を弔うときに思います。今日、寂しいことですが、同級生が亡くなりました。50歳過ぎれば致し方ないという思いもありながら、とても残念に思います。
自然災害で亡くなる方もいますし、不慮の事故で亡くなる方もいます。不治の病と闘いながら亡くなる方もいます。
いずれ自分の命も終わりが来るとは思いながらも、何となく過ごす時間もあります。
私の人生も、いつ終わるともわかりませんが、命ある限り全力で事を為すだけです。
今は亡くなった方にご冥福を祈るばかりです。