印刷

社長ブログ

デザイナーを生かすも殺すも

お陰様で弊社の商品のデザインは多くのお客様から喜んでいただいただいたり、褒めていただいたりします。ありがたいことです。
私がデザインに関して、指示を出すことが多いのですが、私が常々意識していることは、デザインに関して細々したことまで口を出さない、ということです。概略や方向性だけを伝えて、あとはできるだけデザイナーの感性に任せます。
そうすると、自分が思ってもいないようなデザインを仕上げて来てくれます。たまに「?」と思うときもありますが、できるだけデザイナーの意思を尊重します。
なぜか?
それは、自分の感性以上に弊社のデザインスタッフの感性を信じているからです。私の指示が的確だからではなく、デザインスタッフのことを信じているからこそ、いいモノができあがるのだと思います。
たまにお客様の中で、出したデザインに対して「なんか違うなぁ」とか「ここをもう少し修正してほしい」と言われる方もいらっしゃいます。お客様の要望ですから対応して修正はしますが、それで野暮ったくなることも多々あります。
私はデザイナーの力を生かすも殺すも信じることだと考えています。これからもデザイナーの力を信じて、ステキなデザインや商品を世の中に出していきたいと思います。