印刷

社長ブログ

「2000万円、足りません」

先日{人生100年時代になると、夫婦二人で年金とは別に2000万円必要」との報告書のことが話題になりました。
確かに今のままでいったら年金も目減りして、個人である程度貯めておかないと、生活が難しくなるのかもしれません。
現実を見ればそう言うことかもしれませんが、果たしてそれ幸せな人生につながるのだろうかという根本的なことを考えてしまいました。
結婚して子育てのためにお金を稼いで、家族のために長期のローンを組んで住宅を買い、その借金の返済と平行して老後の資金をせっせと貯めて、老後を迎える。
結婚生活や子どもを含めての家族の生活は楽しい時間になるでしょうが、すっとお金に追いかけられる人生のような感じで、心の底から「楽しい人生」と思える人生にはならない気がしました。
お金がないと幸せになれないのか?お金がないと生きていけないのか?
なんか生き方やお金に関しての向き合い方をどうするのか?という問いを突きつけられた気がしました。